トップ / 知覚過敏になる原因とは

知覚過敏を改善する

知覚過敏になる原因とは

一番の原因は間違った歯磨き

知覚過敏になる原因は、いくつもあります。それらを3つに分類して一緒に確かめていきましょう。まずは、歯について。最初は歯磨きのしかたです。歯についた汚れをできるだけきれいにしたいと考えて、つい歯ブラシに力を込めてしまう。このような歯磨きのしかたは歯のエナメル質を削ってしまい、知覚過敏の原因になります。

次に、歯ぎしり。歯ぎしりは寝ているときに無意識で歯をギリギリ噛みあわせることで、ストレスが原因とされています。他にもかみ合わせの悪さや、歯を白くするホワイトニングの液、歯周病による歯肉の後退が原因となります。

最後は歯医者さんで歯石を取ってもらったときにも知覚過敏が起こりやすくなります。これは歯石を取ることで、刺激が象牙質に伝わりやすくなり、痛みを感じるようになります。

2つめが食生活に関して。ビールやコーラなど、炭酸系の飲み物はエナメル質を溶かしてしまう働きがあります。この他にも酸性のもの、例えば体に良いとされる黒酢などもエナメル質に悪影響を与えます。

3つめは加齢です。年をとることで歯肉の後退がおき、象牙質が現れ、知覚過敏を引き起こします。これらが原因で起こった知覚過敏は、冷たいものを口に入れるとみな同様に強い痛みが走ります。

知覚過敏を引き起こす最大の原因は、間違った歯磨きです。
知覚過敏の原因をいくつもご紹介しましたが、もっとも知覚過敏を引き起こす原因となるのは、間違った歯磨きです。間違った歯磨きとは、ゴシゴシと歯をこするように磨くことです。歯をこするように磨くことはエナメル質だけでなく、歯肉にも悪影響があるということは、なんとなく感じていたのではありませんか。

さらに、硬い歯ブラシや研磨剤入りの歯磨き粉を使用していると、エナメル質はもっと削れてしまいますし、歯肉にもダメージを加え、歯肉が下がるといった見た目の悪さにもつながっていきます。

このように、歯の健康を考えていたはずの歯磨きが、知覚過敏の最大の原因になるという皮肉な結果になっています。また、体の健康を考えて飲んでいる黒酢も、エナメル質を傷める原因となるというのも困ったことです。このような食品を摂取するときは、長時間口の中に含んでおくようなことはしないこと。そして、飲んだあとはできれば緑茶などで中和しておくようにしましょう。