トップ

知覚過敏を改善する

知覚過敏になるメカニズム

痛みを知る前に歯の構造を理解する

知覚過敏になるメカニズムは、象牙細管がキーワードです。 アイスクリームを食べると、歯がキーンと痛む。知覚過敏の症状、つらいですよね。この知覚過敏の症状が出る前、歯肉が下がった、歯茎のあたりの歯の色が変わったという経験はありませんか。

これらの原因は歯磨き。ですから知覚過敏は、歯の清潔を心がけている人のほうがなりやすのです。いつまでも白い歯でいたい、息を気にしたくない、そんな女心がかえって知覚過敏を生み出していたなんて切ないですね。

人の歯は、特に口の中に出ている部分は、エナメル質というとても堅い物質で覆われています。そしてその内側に象牙質の層があって、歯肉に隠れている根っこの部分はセメント質で覆われています。この内側にある象牙質が露出すると、アイスクリームなどの冷たいものを食べたときのキーンとした痛みを感じるようになります。

ただ、この痛みがすぐに引いて、その後感じなくなったという一過性の状況でも、象牙質は徐々に削られて、気づかない間にくさび状のへこみができてしまうということがありますから注意しましょう。

知覚過敏になると虫歯になるリスクが高まります。
知覚過敏になると、痛みがあるので、歯磨きが思うようにできなくなり、歯垢、つまり食べかすが溜まりやすくなります。特に歯肉に近い部分はもともと歯垢が溜まりやすく、虫歯になりやすい部位ですから、よけいに虫歯のリスクが高まります。

象牙質の露出は、奥歯のかみ合わせの部分でも起きやすく、ここが原因で知覚過敏になると、歯磨きだけでなく噛むことも苦痛になりますから、知覚過敏はあなどってはいけません。

知覚過敏がなぜ冷たいものを食べると痛みが出るのか、それは象牙質の表面にある象牙細管が露出することが原因です。この象牙細管は、ひとつひとつはとても小さいものですが、象牙質に無数に空いていて、歯の奥の神経にまで届いています。ですから、冷たい刺激が歯の中の神経まで伝わりやすくなり、ちょっとしたことで痛みが起こってしまうのです。

もうひとつ、歯垢が溜まると、象牙細管が広がります。象牙細管が広がると、当然ですが、痛みを感じる頻度が多くなるということも知っておいてください。